ありがとうと感謝の気持ちをお金としていただける仕事を軽んずなかれ

最近は副業に関する相談も増えてきました。
そこで、副業をはじめたい人へこんなことを考えているなら、もう一度一から考えてみてみたらいいなということをまとめてみました。

流行りだから始める

最近、人材シェアの時代になってきて人材登録もできるところがたくさん出てきました。「ここに登録していたら、副業がもらえる」「友だちも登録したから自分も登録してみた」「マルチに活躍できるなんてすごいと思われるのかっこいいから」

そうですね。確かに自分のスキルを入力してお仕事がくるかもしれません。その前に考えることがありますね。

どうして副業するの

どうして働くのかという問いに似ています。

なぜあなたは副業したいのですか。

1 生活のために収入をあげたいから
2 人に一目おいてほしいから
3 今の仕事とは違う仕事を経験したいから
4 自分を成長させるため
5 今までの経験や学んできたことを試してみたいから
6 人生100年時代、自分の強みを活かして人のために役立つことをしたいから

4と5はちょっと近いのかもしれませんね。

マズローの欲求段階

画像1

この図は、もしかすると多くの人が知っているのかもしれませんが
人の成長段階を書かれています。

現在の日本では、生理的欲求が満たされていない方はかなり少ないのかもしれませんが、生活を安定するために働きたい・・・これはいいとか悪いとかではなく、それがあって高次の欲求がでてきます。

1は安全欲求
2は社会的欲求と承認欲求がはいってきてます。
3、4,5は実現欲求
6はそれを超えた欲求

マズローは晩年欲求の段階を6段階あると訂正した

愛に満ちた自己超越の場所

自分がどうかではなく、周りの人にとって、社会に自分が還元できることをしたい。そんな欲求です。

全員が同じ欲求段階ではないが、共通のことがあります

現在はお金というツールを使ってありがとうの感謝の気持ちを渡しています。お金は共通の言語のようなものです。そこにいろいろな感情がはいっています。

「助かった」「ありがとう」「また来てください」「金額では表せないほどの感謝の気持ち」

どんな欲求段階の人でも、お金(感謝)をいただいているのです。

感謝というお金をいただく仕事を軽んずなかれ

「まあ、副業だからできない時は当日キャンセルしても、まあいいか。」
「すみません。仕事入ったんで今日はいけません。」

副業でも、お金という感謝の心の入った仕事を軽んずることなかれ。
副業こそ、スキルだけでなく、人としてどうかをとわれるような働き方になっていくと私は考えています。

Noteの記事はコチラから

ABOUTこの記事をかいた人

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ476件、受講者は10,442名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ49校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(39校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(4校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校、職業訓練学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント Well-Beibg Dialogue Card Certified Facilitator 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ Well-being Dialogue Card ファシリテーター