興味のあることを勉強して仕事にする

働いている人も、転職活動している人も、仕事をみつけることができなくて悩んでいる人も、なんとなく働かないといけないと思っている人へ。

これまでは、売り手市場と言われてきていましたが、時代は逆転しています。大学を卒業しても仕事につけない方が増えてきています。また、今まで働いた経験のない方も同じく未経験者として働く機会が減ってきています。

では、どうしたらいいの。

働きたいのに、働くチャンスに巡り合えない若者たちに
私が日頃、相談を受けた時にお話ししていることを書いてみようとおもいました。

1.時代のせい、人のせいにしても時間はどんどん過ぎていく。

「こんな時代に生まれたので仕方がない。」
「学校でも人間関係でうまくいかなかったから、進学や就職してもうまくいかない」
「コロナ禍に無理に就職しなくてもいいと親に言われた」
「働いている会社の業績が悪くなってきたから転職しようと思う」
こんな話をよく耳にします。
じゃあどうするのかな。このまま何もしないで誰かが自分をこの環境から変えてくれるのを待ちますか。。。。。
いや、自分で動かないと誰も変えてはくれません。
「そんなこと言われても、この苦しい気持ちをわかってほしいんです。」

確かに苦しいでしょう。その苦しさは私にもわかります。
でも、その苦しさだけをずっと考えていても時間はどんどんたっていきます。状況や環境をかえることは自分にしかできないことなのです。


「うまくいっている人には、この気持ちや状況はわからないでしょ。」

うまくいっているというのは、自分と比べてうまくいっていると思っているだけです。うまくいっているように見える人は、自分自身でトライandエラーをくりかえしているから、比べることがなく、自分だったらどうするのか自分に問いかけながら生きている人です。

2.学歴があってもうまくいかない。

与えられたものを与えられたように勉強していけば、なんとなく学歴もついてくる時代(大学に行くことが普通になりました)
与えられたもの対して不満や違和感があった時、反発したりそこから離れたりしますが、それだけで終わっている人が多くみかけられます。

与えられるのが嫌だったり、環境が嫌だったりしたときに、反発したときどうしようと思ったのか、離れた時にどうしようと思ったのか・・・反発することや離れることは悪いことではありません。問題は、その後自分で他の行動や考えを試したかということです。

違う道を見つけたり、自分なりの方法で試してみましたか。

「そんな気持ちにならなかったので、今は考えているところです」

いつまでそこで考える予定ですか。考えて答えはでますか。考えても行動しなければ変えることはできません。

3. どうやったら次にすすめますか。

もう一度自分が生きている間に何をしたいのか思い出せるといいのですが、思い出すことに一生懸命になりすぎて、行動にうつるまでに至らない人もいます。何かをしないとどうしたらいいのかも見えてこないものです。
今、自分でできることを始める。続けられるか、人とうまくやっていけるかを始める前から考えても仕方がないことです。

4.社会の状況をみてみよう。

手始めに、今社会がどのように変化していますか。
自分だったら何から始めますか。
ここで興味をもったものを批評家になることなく調べたり勉強したりしましょう。ネットの他者がいったコメントを真似する必要はありません。
批評はだれにでもできます。しかし、行動に移すことは本人でなければできません。

5.行動する

どうやら地球温暖化がすすんでいるらしい。今年は梅雨に入る時期が早い。
子どもへの虐待が増えているみたいだ。日本はITを支える人材が不足しているらしい。など社会に目をむけるといろいろな情報があふれています。
その中で今の自分ができることは何か、行動を一つすることで大きく人生は動きだします。行動するとそれに伴い学びが始まります。

6.人生には限りがある

興味が出てきたら、それを学び仕事にすることだってできます。ここで大切なことは、自分のためだけでなく、他の誰かのしあわせになることかということを常に考えることです。人生には限りがあります。人によって時間の長短はありますが、自分のしあわせのためにも、他のだれかのしあわせのためにも生きることができれば、人生の過ごし方は随分と変わるはずです。

これがWell-Beingにもつながっています。

noteにも記事をブログを掲載しています

よろしければコチラもご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ476件、受講者は10,442名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ49校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(39校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(4校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校、職業訓練学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント Well-Beibg Dialogue Card Certified Facilitator 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ Well-being Dialogue Card ファシリテーター