受け給う~仕事のパフォーマンスもよくなる第10歩~

楽観を養う

受け給う

「受け給う」という言葉は山伏たちが、修行中に受け答えをしてもよい言葉。
修行中に苦しいことがあっても、受け給うと受け入れるそうです。

生きていると日々、いや、違うだろうって思うことたくさんあります。
そこで対立が起きてしまいがち、しかも対立の先にはあまりいいことないですよね。

カウンセリングの時にも、まずは受け止める、受容するという言葉があります。

最初から受け入れられないとなると、次にはすすめない。

一日やってみる

私の場合は、山伏ではなく、普段の生活の中のトレーニングとして
穏やかに受け入れることをする日を決めて行っています。

スケジュールが詰まっていればいる時こそ、絶好のチャンスです。
何がおこっても穏やかに対処する。
頭の中ではとても焦っているのですが、行動をまず変えるのです。
最初は演じているといった方がしっくりくるかもしれません。

いいね。じゃあこれもやってみようか。

受け給うができたら、次はさらにポジティブな思考や行動を言って実行してみる。
例えば・・・「宿題やってきていないのかそうか・・・・じゃあ今から一緒にやってみるか」
「プレゼン資料ができていない・・・明日やってみようか」

日々の様々な課題に対して、「いいねーじゃあこうしようか」と思考の癖をつけることで良いことに意識を向けることができ、結果楽観を養うことになります。

助言:一度にすべて変えることは困難です。でも最初から否定で入ると楽観的になること良いことに気づくことはできません。どんな小さなことでもよいのです。少しずつ試してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ476件、受講者は10,442名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ49校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(39校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(4校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校、職業訓練学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント Well-Beibg Dialogue Card Certified Facilitator 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ Well-being Dialogue Card ファシリテーター