今に集中しよう~仕事のパフォーマンスが良くなる第2歩目~

過去の後悔と未来の不安と離れるために

前回のyumekanablog122では、自分のネガティブな感情をいろいろな角度でみる。
自分自身を俯瞰してみる一例を紹介しました。
もちろん、ポジティブな自分の感情を書きだすこともよいでしょう。
ポジティブな自分の感情を書きだすのなら、寝る前にぜひおすすめします。

集中しやすいものを見つける

「集中して他のことを考え始めたら、また集中することに戻す。」
私は最初、雑念がない状態になることが難しく、何に集中すれば何も他のことを考えずにいれられるのかを考えました。
人によっては、本を見ていると他の何も聞こえないという方もいらっしゃるでしょう。
ゲームかもしれません。
私は小さいころより、ピアノの音に集中するトレーニングを本人も意識しないうちにしてきました。
でも、ピアノの音よりももっと身近な自然の音に集中する方が、身近であることに気が付きました。

集中する中で他の意識がでてきたら、やさしく集中することにもどす

風の音、葉っぱがサヤサヤと風に吹かれる音、雨が地面に届く音、川のせせらぎに耳を澄ませて集中している間も、「そういえばあの書類はどこにあったかな」「午後からの会議は何時だったかな」などといったささいなことをふと思いだすこともあります。そんな時は、「今は川のせせらぎに耳を傾ける時間」だなと自分の意識をやさしくもどしています。最初は1分でもよいのでやってみることです。

からだで意識することをやってみる

何かに集中することができたら、今度は身体のパーツを意識することをやってみましょう。
背筋をのばして、リラックスできる姿勢をとり、目を閉じて唇にボールペンを軽くあててみてください。
ボールペンの先が軽くあたる感触が伝わります。次に頬にボールペンの先が軽くあてると頬に感覚が伝わります。
次はボールペンなしに、唇の感覚を思い出し、次に頬の感覚を思い出し。
このように、身体全体で意識して集中することを行っていきます。
「明日のメモはどこにおいたかな」「○○さんに電話しとかなきゃ」などといったことがふと頭をよぎるかもしれませんが、時間を決めてからだに集中することを続けます。

意識しだいでからだに敏感になると

からだが、今なにを感じているのかに意識できるようになると過去の後悔と未来の不安にかき乱される時間が、少なくなり、ネガティブな感情に支配されるときから解放できる方法を身に着けられることになります。ゆっくりでいいのです。そしてネガティブな感情が悪いわけでもなく、ネガティブだけにとらわれている自分を解放してあげることです。どんな状態が自分にとっても相手にとってもWell-beingかを考えてみましょう。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ466件、受講者は10,297名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ29校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(23校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™