それでも不祥事は起こる

昨年来、K製鋼やN自動車などで不祥事が相次ぎ、コンプライアンスに世間の注目が集まっており、他山の石としてリスク管理に取り組み始めた企業が増えています。
ここで、陥りがちなのが「あってはならない」という呪縛です。

1件の重大事故の背後には、29件の軽微な事故があり、その背後にはヒヤリとしたり、ハッとしたりする経験が300件あると言われています。リスクを管理する上では、この300件の経験を洗い出し、対策を打つことが大切になります。
ところが、「あってはならない」という考え方でいると、「とても言い出せない」という精神状態に追いつめられ、「なかったことにする」という隠蔽体質に陥ってしまいます。
また、安全レベルは、一定水準以上に達した後は、さらなる対応の効果は乏しくなり、安全レベルは横ばいとなってしまいます。しかし、あってはならないという「危機の排除」のメンタリティで「安心」を追い求めてしまうと、検査などの仕事が増え、生産コストは際限なく上がる一方になります。したがって、リスクを踏まえた上で、その軽減を図るという「危機の管理」が必要になります。

本書ではさらに、不祥事が起こってしまった時の対応、その時出現しがちなクレーマーの見極め方と対処にも言及しています。

それでも企業不祥事が起こる理由
國廣正著、日本経済新聞出版社刊

 

ABOUTこの記事をかいた人

品質マネジメントや工程管理、コンプライアンス、リスクマネジメントなどの仕事に携わり、仕組みを動かすのはひとだと痛感しました。ひとがイキイキすると、職場や社会もイキイキします。