3歳までに学んだことを活かす

3歳までに学んだことを活かしてリーダーとなる

世界の女性リーダーが集まる国際会議(GSW)が今年日本で初めて東京で開催されます。今回開催国である日本の地方都市でポストカンファレンスが行われるのは非常に稀なことでありました。そこで、3名の登壇者のうちエア・アジアCEO Marianne B.Hontiverosさんのお話しからキャリアを考えるためのヒントをいただきました。

注意力が短く親が手をやいた

幼いころ注意力が散漫でじっとしていられないマリアンヌは、保護者の意向もあり早くから幼稚教育機関に行くことになったようです。そこでは、いろいろな大人が彼女のじっとしていられないことに上手に関わってくれていたようです。「庭木の手入れをしている大人に興味をもち見ていると剪定ばさみを私て使わせてくれた。」危ないからさわらせないということもなく、興味をもったことをさせてもらえたようです。「あらゆる年齢の人とコミュニケーションをとる環境があった」これらのことが、彼女のリーダーとしての力の根底にあるようです。

様々な道を歩んできた

マリアンヌの経歴はとてもバラエティにとんでいます。子ども番組のプロデュサーからスタートし、次に大学生で始めた旅行業。ここで彼女は社会のシステムを変えたいと思ったようです。貿易の仕事からまたテレビの世界にもどり、話し方の訓練の企業研修をしていた彼女のもとに、格安航空会社を一緒にやってみないかという声がかかりながらも、自分が勉強したかった音楽を学ぶためにまた大学へ。その間格安航空会社の声をかけた仲間は彼女のことをまっていたようです。現在はその航空会社フィリピンのエア・アジアCEOです。

未経験のものにチャレンジする

小さい頃からいろいろなことに興味があった彼女は、まだまださまざまなことをやってみたいと話をしていました。特に印象的な言葉は「経験したことないことに挑戦する」です。日本では社会人が転職する際、何か仕事をする際に今までの経験や実績をとかく求められがちです。だれでも、何歳になっても未経験のものに挑戦できるそうでなければ経済も教育も発展はないだろうなと思います。また、一人ひとりの挑戦が自身のキャリアを積み上げることになります。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ476件、受講者は10,442名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ49校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(39校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(4校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校、職業訓練学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント Well-Beibg Dialogue Card Certified Facilitator 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™