管理職119番シリーズ~パワハラとおさらば~

 

お休みをとる部下に「それってパワハラですよね」と言われたケース

「私は必要ない人間ということですか(怒)」部下からパワハラだといわれる

「そうか仕事の代わりは誰でもできるから、ゆっくり休んでいいよ。」
病気で休むことになった部下に、何気なくいった言葉でした。そうしたら部下が急に電話の向こうで「私は必要ない人間ということですか!」と怒り出したのです。ゆっくり休んでほしかっただけなのに、白石さん、どう言ったらよかったんでしょうね。

病気で休むことに対して、すでに部下は不安を抱えている。

真面目に仕事に取り組んでいらっしゃる部下なんですね。今、部下が担当している仕事で進捗の確認はされていらしゃいましたか?もしかしたら、仕事が少し進んでいないところがあったり、アポイントがあって調整しなくてはいけないところもあったのではないでしょうか。病気で急に休むことになる部下はすでに、任されている仕事がどうなるだろうという心配と、自分の病気への心配とで不安を抱えている状態なんですね。

「仕事の代わりは誰でもできる」は認められていないと捉える人もいる

私も、子どもが熱をだして病院につれていかなくてはいけなくなった時「家族の代わりはいないけれど、仕事は代わりはいるから」といわれたことがあります。言わんとしていることがわかったので「ありがとうございます。よろしくお願いいたします。」と言って早退しました。
しかし、もう少し部下の心境を考えて言葉をかける必要があります。

ねぎらいと感謝をプラスしよう

不安を2つ抱えている話、認めてられていないと捉えることもあることを前述に書きました。それでは、どういった言葉をかけていれば、「パワハラ」だと言われなかったのでしょう。

「○○さんも病気になって心配や不安かもしれないね。いつも○○さんがこの仕事で納期に間に合わせるために○○まで頑張ってくれていてありがとう。ここまでできていれば、後はみんなでフォローできるから心配はいらない。今はゆっくりやすんでほしい。何か困ったことがあったら遠慮なく言ってもらえるかな。」

しっかりと対応するためには、日頃からのコミュニケーションが必要

スパン・オブ・コントロールという言葉を聞かれた方も多いと思いますが、
一人のマネージャーが管理できる人数は5~最大10名とされています。
それぞれの個人の仕事の進捗に加え、様々な場面で会話もしくは時間をとって対話することがとても大切です。
日頃からのコミュニケーションがとれていれば、言葉の不足を補ってくれる可能性は高いです。

さて、次回はどんな相談が入るでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。現在力を入れているのはIT人材の育成です。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ479件、受講者は10,552名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ51校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(42校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(4校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校、職業訓練学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント Well-Being Dialogue Card Certified Facilitator 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ Certified Anger Management Specialist Ⅰ