日々の中に瞑想の時間を~幸せになるヒント~

瞑想を取り入れてみる

瞑想はいつでもどこでも実践できる

「瞑想」というと、ヨガをイメージしたり、修行僧たちのイメージがあるかもしれませんが、瞑想は何千年にもわたる歴史があるようです。実は簡単で、いつでもどこでも実践できます。マインドフルネスやヨガの人気は高く、ここ数年の間に瞑想という言葉も広く浸透してきました。

瞑想は、記憶力が学習においてもプラスの効果をもたらします

私が中学生の時に、授業の前には必ずこの瞑想の時間がありました。当時、私たちはこの時間を黙想とよんでいました。休み時間との気持ちのリセットに使われていて、当時は良くも悪くも真面目に黙想をしておりました。中学生という多感な時期にこの習慣をつけてもらったことで、そののち私は特に低学年の授業の始まりには1分間だけ子どもたちに目を閉じて深呼吸をするというということを取り入れていました。当時はエアコンもなく、汗がしたたり落ちる教室で1分間だけ、しーんと静かになる時間でした。David Levy and Jacob Wobbrock  二人の教授の研究でも、瞑想プログラムに参加した人は、違う仕事に手をだすことが減り、集中力が長く続くようにんるという結果が出ており、瞑想プログラムに参加しなかった人と比べてみると、自分の行った仕事を正確に覚えていられるそうです。

静かで落ち着ける時間と場所で始めよう

まずは、静かで落ち着ける場所でやってみることがいいのかもしれません。私はお風呂の時間を使っています。誰もいないほうがやりやすいのではないかと思います。

心地よくてまっすぐな姿勢

ゆったりとした服装で、写真のようなポーズができればとは思いますが、自分がゆっくり深呼吸できるまっすぐな姿勢で行えればいいのかなと思います。今この瞬間に集中することを目的にやってみてください。最初は「え!こんなこと。」と思うかもしれませんが、頭がすっきりします。おすすめしないのは、この時に自分のことを反省したり、批判することです。瞑想はネガティブな考えや経験を解き放つため、心の中に平穏をもたらすものにするものです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ483件、受講者は10,309名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™