やることリスト~毎日をハッピーにするために~

達成できることを増やすための秘訣は、毎日「やることリスト」を使って、見えるところに置き、一日中それに従って行動することだ。~ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ~

最近、私はSNSにどれほどの時間をかけているのか・・・今、パソコンに向かっている時間もそうですが、結構ちょっとした時間があると携帯で様々なことをやっております。ふと気が付くともう2時間もたっているなんていうこともありました。仕事もたくさんのことを同時に進行し始めると、日頃は頭で順番化されていることも後手後手になり、忘れてしまいがちに。そしてイライラや後悔がでてくると幸せどころかマイナスな気持ちになってしまいます。作業記憶というものがありますが、同時に覚えていられるのはせいぜい7~9つだけだそうです。(ソニア・リュボミアスキー博士)

小さな項目で書き込む

リストを作って書き出せば、やるべきことの全体像がつかめます。仕事の山にも優先順位をつけやすくなるので、一つのことに集中しやすくなります。私も執筆をお願いされたら締め切りまで大体時間がないので、時系列にそってどこでどのくらいの時間をとるかを書き出します。でもこれだけでは不十分でいたずらに時間がすぎるだけなので、今日は「関連記事集め何分」、明日は「結論だけを書く」、明後日は「100字うつ」というように小さな項目にわけています。何をするかは簡単に細分化して書き込むのです。

リストは種類がある

忘れ物をしないためのリスト、情報を伝えるために使うリストなどリストといっても様々あります。できれば、具体的行動をするためのリストを作ったほうが、達成感があるでしょう。先ほどの「締め切り原稿を書く」だとあいまいですが、「関連記事を集める」「結論の部分だけ書く」とすると○○ができたと認識しやすいのです。小さな達成感がたまっていくと幸せ(ハッピー)な気持ちもたまっていきます。

振り返りは達成できたことにフォーカスする

リスト化されたものが終わらなかった。という振り返りではなく、○○ができたというようにできたことにフォーカスしましょう。リスト化してやり残したものは次の日のリストの一番上に加えればいいのです。最初はめいっぱいリストで一日をうめるだけでなく、時間的にも余裕をもってリストに優先順位をつけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ454件、受講者は10,270名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™