北九州市初!なぜ著作権の権利処理実務者講習を始めたのか。

・隙間時間で働け、場所を自身で選べる仕事を世に送り出すため

弊社が、著作権の権利処理実務者の養成講座を北九州市で初めて取り入れたのには理由があります。

特に女性に多いのですが、育児、介護によって現状の働き方では仕事が続けられない人は、離職し、いつまた働けるかわからない状態で孤立感を抱きひっそりと我慢をしている状況にある人が多いということを知っているからです。

そもそも著作権ってなんでしょう・・・

皆様の中には著作権について知っている方も多いと思いますが、非常に身の回りにたくさんの著作物があります。私は専門家ではありませんが、おおざっぱにいうと著作権とは、知的財産権の一つであり、作品を創作したもの(法人が公表するもの)に与えられる権利のことです。もちろん法律によって守られています。他にも著作者の人格権や財産権などもあるようですが、専門家でない私ではここまでにしておきます。

著作権の権利処理とは・・・

著作物について著作物調査をして権利者の許諾が必要か否かを判断し、必要であれば著作権の権利者や権利の管理者と連絡を取り、許可承諾をもらうという一連の作業のことです。

今まではSNSが普及していなかったので、著作物をコピーされていても気が付かれなかった時代

様々な発信方法ができるようになった今、著作物を勝手に使っていることがわかる時代になってきました。っだからこそ、許諾を(許可承諾)をもらうという仕事が増えてきております。

作業の一部は、どこにいてもできる仕事

許諾を取得する仕事の一部はどこにいてもできる仕事です。だからこそ、働きたくても家を長時間開けられない方にとって、非常に向いている仕事になります。ただし、著作権をもっていらっしゃる方と電話をしなければならないことが多いので、昼間に電話がかけられる状況にある、そしてもう一つWi-Fiの環境にあり(パソコンで決まった書式ではありますが、簡単な書類の発行と許諾にいたる経緯の報告を書ける(空いた時間や夜でも可)ことは必要です。だからこそ、少しは収入が得たい、だけど育児や介護でなかなか求職活動もできない人に向いていると思ったのです。

雑に使われてきた知的財産

著作権について、正しく理解していないと、著作権を侵害してしまい、思わぬトラブルになる可能性もあります。著作権の扱いは正しい使い方をすれば、自由に著作物を利用することも可能です。

講座に先立ち、無料説明会を下記の日時に弊社セミナー室で行われます。
11月27日(火)19:00~20:00(開場18:50~)

お問合せについては、株式会社テイクオーバル様までお願いいたします。
株式会社テイクオーバルホームページ→http://takeoval.co.jp

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ405件、受講者は10,100名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(11校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™