本年度も小学校のキャリア教育のスタートです

昨年度に引き続き同じ小学校からスタートです

一昨年から続けている小学校への出前授業。
昨年度は弊社の事業も忙しく、15校お断りすることになってしまいました。今年度は、5校以内と決めて出前授業を行うことにしました。

熱い学校現場

熱いのは体育館の気温だけではありません。確かに室温は30度を超えておりますが、熱いのは先生方の想いです。6年のスパンで子どもの成長を見守る小学校の先生方は、6年間以上の子どもの成長を願い様々な取り組みをしていらっしゃいます。特に、昨年度に引き続きお伺いした北九州市立今町小学校は、校長先生をはじめ教頭先生、教務主任を核として将来にわたって必要な力を意識して教育をすすめていらっしゃいます。

SEL(Social and Emotional Learning)を独自にすすめている

弊社も長くお世話になっている日本のSELの第一人者、福岡教育大学大学院教授小泉令三氏のおかめのポスターを校内で発見。早速、校長先生にお話しをうかがうと、教科の勉強ももちろんだが、将来にわたって必要となる生きる力を育むための教育をどんどん校内の先生方とすすめていらっしゃるとのこと。後日、小泉教授とお会いした時にもこちらの小学校の取り組みについてお聞きすることになりました。

キャリア教育

昔から進路指導というものがありますが、キャリア教育はちょっと違います。今回も自分の興味にあった職業分野を知るという授業だったのですが、大切なことはどんな職業選択をするのかではなく、どんな生き方をしていきたいのか、何を大切にしたいのかを考えながらその中で自分の役割をみつけること。様々の人たちと自分も相手も健康的で幸せな生活ができるために必要なスキルを磨き続けることが大切です。その中で働くことが大きなウエイトを占めることは間違いありません。働くことは直接報酬をお金でいただくもの以外のものも入ります。

社会人になってもキャリアは発達し続ける

人生80年から人生100年への時代へと変化しています。人が教育機関で学ぶのはおよそ人生の幼稚園(保育園)~大学で約20年。人生のうちで五分の一の時間です。その後も人生は続きます。世の中も変化し、自分の生活も変化します。それぞれのステージで何かに遭遇したときそこをどのように捉え、どのように次に向かうのかは人それぞれです。正解も間違いもないのです。私が一ついえるとしたら後悔しない選択を自分の意志をもって行うことができれば、自分の人生は豊かになるのではと思うのです。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ405件、受講者は10,100名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(11校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™