正社員を採用するメリット

正社員以外の求人はなかなか振り向いてもらえない

最近はぐっと増えた正社員の求人ですが、今もなお「最初から正社員を雇うにはリスクが高い」と思っている企業も多いようです。確かに働いてもらわないとお互いによくわからないということもあるかもしれませんが、経営者としてではなく、逆の立場だったらどうでしょう・・・もちろん期間が限定される方が自分の働き方にあう方もいらっしゃるので一概には言えませんが、今日は正社員を採用する3つのメリットについて少し書いてみます。

会社への帰属意識が高い

企業での帰属意識とは、企業への感覚的な一体感の有無だけでなく、その企業の置かれている自分の役割や状況を捉えて行動しようとする意識のことですが、正社員として採用された場合は有期ではなく、期限の定めがないということになります。考え方によっては長期にわたって働く事ができる安心感が生まれやすくなります。そのため、上記に書いた帰属意識を持ちやすく、忠誠心が育つ素地ができることになります。マネジメントや教育をしやすかったり、社風や自社の文化になじみやすい点もメリットです。

定着率が高い

技術やノウハウといったものが蓄積しやすくなります。仕事の仕方もノウハウといった無形の資産が蓄積されやすく、業績の継続、継承に良い影響を与えます。また、企業の理念を理解した上で仕事を行う人材育成をしやすくなります。これは、企業の継続性・成長性における大変重要なポイントで、将来の企業を支える幹部への成長にもつながります。

優秀な人材が採用しやすい

実は、現在派遣として働いている人の約半分は正社員雇用を希望しています。働く人がたくさん確保できる時代は終わりました。今からはAIとともに働く時代にもなってきています。では、働きたいと思っている人(弊社の求職者のおよそ99%)は正社員求人にしか興味を示しません。今から求人を出される企業は正社員の方が応募を集めやすく、経験やスキルを持つ人はなおさらこの傾向にあります。企業は「いい人材が欲しい」と思われているかもしれませんが、いい人材になる素地をもっている人を自社で育てる努力ができる企業であれば、その企業はどんどん成長します。そして、人も自然に集まってきます。即戦力になる人材、ずば抜けたスキルをもっている人材はすぐに転職する可能性も高いのです。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ483件、受講者は10,309名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™