誰かの喜びがあなたの仕事になる

誰かの喜びがあなたの仕事になります

人は誰かの役にたち、喜んでもらえる実感がないと生きていくのがつらくなってしまいます。
働くことは、「誰かの役に立っている。喜んでもらえている」というやりがい、自分の価値をとてもわかりやすく感じるものです。

天職は探しても見つかるものではなく、自然と導かれるもの

求められるままに働き続け、そして導かれるように「これこそが自分がやりたかったこと、だれかの役にたっている」と気が付くことがやってきます。
趣味がたくさんあっても退職された方が「つまらない」気持ちになるというのは、「やりたかったこと」かもしれませんが、「目的」がないということで寂しさを感じるようです。「なんのために・・・」これが誰かのためにであれば、輝けるのかもしれません。

やりたいことが今はわからなくても、働いているとみつかる

まわりの人たちが、やりたいことをみつけらたことに自信をなくしている人もいるかもしれません。
そのためには、すぐにみつからないかもしれませんが、とにかく多様な経験をすることです。
社会の中でどう生きるかをしっかりと自分の心に問いながら、道を選択していけるようになる方が重要です。
「まともに稼げるようになりなさい」とか「いつまでふらふらしているの」と勝手な大人の考えを押し付けることなく、
「こんなことを仕事にしている人がいる」「とにかくやってみよう」とそっと背中をおしてあげられる人が周りにいるといいですね。

自分には無理かもしれないとあきらめないで

「学校も途中で辞めたし、学歴がないから雇ってもらえない。」「得意なこともない」「資格もない」「面接でひどいことを言われた」「今は人生の休憩中」「そんなことできるわけない」「何かしたいこともあるわけではない」「そんな仕事自分には似つかわしくない」
私もたくさんの若者から働けない理由を聞いてきました。働けない理由を探し始めたらきりがないです。そして働けない安心安全の確認に入るとそこからでることがとても恐怖だとさえ感じるようになってきます。

働いて落ち込んだときには

働くことは楽しいことばかりではありません。失敗して怒られて落ち込むこともあります。その時どうすればいいかも、実は働きながら身についていくものです。
自分が苦手に感じるものを分析するのもひとつの方法かもしれない。でも、逃げるということも大切です。逃げるというのは仕事以外の他のことをするということです。友だちや家族とすごす時間、趣味にひたる時間に逃げるということ。これは学生も同じ。元気を取り戻せるには”逃げ場”をつくること。それは長く働くためのコツでもあります。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ200件、受講者は1500名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(11校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™