怖さと向き合う

入るのが恐ろしいと感じる洞穴には、求める宝がある~ジョゼーフ・キャンベル~

怖さや不安、ストレスは誰もが経験することです。けれども実はストレスのない世界だけだと、成長する機会がありません。怖さや不安な感情を多く経験すれば、リスクを冒すことや前すること。また積極的に追求することを心地よく感じるようになります。
怖いという感情は、現実感じるものですが、実際には根拠がないことも多いのです。勝手に私たちは最悪のシナリオを描き不安を作っているのかもしれません。

過去の怖さに向き合ってみる

時間がたつと、怖かったことや恐れはもっと客観的に見方ができるようになっています。過去に感じた恐怖について、どのように感じていたのか、どのようにあらがいたのか、どのように対処してその結果自分にとってどのくらいの存在であるのかを整理してみましょう。

今も引き続き残っている怖さは何ですか?

整理した過去の恐怖の中で、今も後を引いている恐怖とはなんでしょうか。また、今新しく抱えるようになった恐れや不安はどんなことですか。

まずは、深呼吸です

怖いことや不安な時に落ち着くために、多くの人が深呼吸をします。深呼吸するときに「よし、こい」と心の中で歓迎します。「そんな事ぐらいで不安がなくなるの」と思われるかもしれませんが、とにかくやってみることです。まずは、小さな恐れから始めてみましょう。例えば、今まで挨拶したことないちょっと怖そうな近所の人に挨拶をするというものでいいのです。

ポジティブなシナリオを作ってみよう

恐れや不安といったものは、自分が作り上げる錯覚であり、最悪のシナリオだったりします。「こんなことしたらこんな悪いことが待ち受けているのではないか」ネガティブなシナリオが出来始めると怖くて前に進めません。良いイメージを自分でつくることです。「こんなことしたら、ひょっとしたらこんなこともありえるのではないか」というシナリオを自分の中で作ってみましょう。例えば「怖そうな人だから挨拶しても知らないふりをするどころか、うるさいといわれるのではないか」というシナリオより、「怖そうな人だけど、あいさつするとにこやかに返してくれるのではないか」といった本当にちょっとしたポジティブなシナリオです。

上手くいったことを続ける、怖さを妄想しない

恐れを想像してもっと不安を駆り立てるほうにエネルギーを使うのを少しずつ減らしてみましょう。少しずつポジティブなシナリオを実行するのみです。やってみよう!新しい年はより素晴らしいものとなることでしょう。

良いお年をお迎えください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。国・行政・民間といった様々な機関でキャリアアップをしてきました。特に国内外の教育現場、社会教育現場での経験が11年と長く、不祥事や崩壊といった問題を抱えた現場の立て直し屋と呼ばれてきました。一番の強みは人材開発プログラムの作成です。現在は、職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・人材開発プログラムを使って、企業の社員と大学教員などの資質向上研修をおこなっております。 今までに携わった企業や団体や学校はのべ466件、受講者は10,297名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ29校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(23校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™