ストレスから離れる儀式をつくる

ストレスから離れる儀式をつくるとは

大好きな仕事でも、ぎっしりと予定が入っているとストレス反応が出てしまうことも。私もストレスは後で解消するものと思っていたのですが、これから起こる前こそ、何か儀式のようなものが必要であると気が付きました。スポーツ選手が試合の前に音楽を聴いたり、円陣をくんだりすることも、ポジティブな気持ちをもてるようにするための儀式といえるでしょう。ポジティブな気持ちは、生産性や幸福度に効果を及ぼします。

簡単そしてやりがいのあるものに

複雑な儀式でなくていいのです。とにかく簡単で楽しみになることを選びましょう。簡単だと継続しやすく楽しめます。ストレッチやリラックスできるもの、楽しくそして気持ちよく感じるものを取り入れるといいでしょう。

視覚情報から遠ざかる

音楽を聴くことはストレス解消の儀式にはとてもよくつかわれていますが、儀式のためにパソコンやテレビをつけることより他のことを選びましょう。仕事中は視覚と聴覚の使用に偏っているので、そのほかのものを使ってみましょう。

味覚・触覚・嗅覚

私たちは五感を通して暮らしています。先ほどにも書いておりますが、仕事の中では、視覚と聴覚に偏りがちです。あえて儀式では味覚・触覚・嗅覚を取り入れてみましょう。
味覚:エネルギーとなる朝食をとりましょう。仕事の後のリラックスにはカモミールなどのハーブティーやワインなどで緊張をときほぐしましょう。
触覚:朝の洗顔では、寒い冬でも温かいお湯と水を使ってみましょう。血流もよくなりさっぱりします。仕事の後は温かいお風呂に入るなど服装や、寝具も肌触りのよいものに
嗅覚:朝はスッキリするミントの香りやレモンの香りを楽しんでみましょう。仕事の後にはラベンダーや心を落ち着けるアロマキャンドルもいいですね。

同じ空間でプライベートと仕事の切り替えを

在宅ワークをする方がどんどん増えています。私もプライベートと仕事の時間の境界があいまいになってしまいます。こんな時は、仕事がとプライベートの堺をつけるために、家から出る、仕事場から離れる儀式を作りましょう。一度その場から離れる。仕事に関する思考からリラックスした思考に戻るための儀式にすると考えてみるといいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ465件、受講者は10,295名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ29校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(23校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™