目の前の経験に「イエス」と言う

まずは「イエス」を増やしてみよう

私たちは、リスクや未知なることを恐れコンフォート・ゾーンにとどまっているし、コントロールを失いたくなかったり。もちろん「ノー」ということが大切なこともありますが「ノー」ばかりの度がすぎると幸せになる力を弱めてしまいます。まずは「やってみよう」これは仕事のことでもいえます。最初から「これ以上の仕事はできない」「時間がない」「それは新人の仕事だ」などとやる前からできない理由を言いがちです。コムフォートゾーンから出て、肯定的に経験を受け入れ歩きだせば、将来新しいことをするときにもっと自信がもてます。新しいことへの挑戦は、広い視野をもち、考え、行動することで積極的に道を開く力につながります。

「断る」ものの裏に存在するもの

「未知なるものへ不安がある。」「できなかった時責任をかぶることになる。」「自分の未熟さが露呈してしまう。」とかく私もそんなことを考えがちでした。しかし、「できない」を「できるかも」や「能力がない」を「やってみよう」に変えてみませんか。

誰かのための「イエス」を言ってみよう

自分のために「イエス」をいうことがハードルが高いのであれば、だれかのために「イエス」といってみよう。例えば、あなたの子どもが「サッカーのチームにはいりたい」といったような時です。続けられるのか、本気なのかではなく、本人が新しい経験をしたいといっていることに「イエス」と言ってみましょう。大切な人のために「イエス」を言うだけで、それが成長につながることにもなります。

他人を気にしない

集団の中で起こりやすいのは「そんなことするのかといわれないか」「自分はいいと思うけど周りの人はどうかな」などといった目に見えない圧力です。ネガティブな人が多くなるとあなたの挑戦が揺らぐこともあります。他の人の反対や否定的な態度といったものから一度離れて自分の興味に集中してみましょう。

まずは小さな「イエス」から

いつもなら、「ノー」ということを「イエス」と言うことからはじめてみましょう。例えば、家事が残っている時でも「一緒に散歩しようよ」と言われたら「イエス」ということを言ってみる。あまり興味のない美術展に誘われても「イエス」と言ってみるなどです。ただ、「仕方ないな」だったり「めんどくさい」なんて思わずに「行くなら楽しもう」「何かヒントがあるかもしれない」と思うことが大事です。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ483件、受講者は10,309名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™