コミュニケーション力をのばすためにできることⅠ

「私はコミュニケーションが苦手で、自信がないんです」そんなあなたにお届けするちょっと幸せになるコミュニケーション力を伸ばすヒント

コミュニケーションは言語を使うものだけではない

コミュニケーションはものすごく単純に大きく分けると2つです。一つは言語によるコミュニケーション(バーバルコミュニケーション)と非言語によるコミュニケーション(ノンバーバルコミュニ―ション)があります。今まで「コミュニケーションが苦手」だと相談してくれた若者の多くは、言語によるコミュニケーション(バーバルコミュニケーション)に悩んでいるのですが・・・

1970年代、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが、ノンバーバルコミュニケーションを語る上で非常に有用な実験結果の報告をしました。 その報告は、「話し手」が「聞き手」に与える影響がどのような要素で形成されているのか、というものです。

○視覚情報…見た目、身だしなみ、表情(視線)など…55%
○聴覚情報…声の質・大きさ・速さ(テンポ)…38%
○言語情報…話す言葉そのものの意味…7%

この結果を見て分かる通り、相手に与える影響の中で「言語情報」は1割にも満たないのです。 つまり相手に与える印象は「非言語」の部分が9割以上を占めているという事になります。

話をたくさんする人、情報をたくさん話せる人だけがコミュニケーション力があるわけではない。他の人と自分の言語コミュニケーションを比べることをまずやめよう。

どうしてコミュニケーション力がないと悩むのでしょう。

自分が他の人と比べているという事実をまずは認めましょう。でもそれは、悪いことではありません。責める必要もありません。それより「どうして比べなければならなくなったのか」をちょっと考えてみませんか。感じているのは嫉妬でしょうか。自分の置かれた状況からでしょうか。それとも他人に対して苦々しい感情をいだいているのでしょうか。

ないものではなく、今自分がもっているノンバーバルコミュニケーションにも目をむけましょう。

人と比べるのは、自分が劣っていると感じているからです。自分のノンバーバルコミュニケーションでこれはいいかもと思うことに目をむけましょう。例えば声の質だったり、話す早さかもしれません。

ありのままの自分を認めてあげましょう。

コミュニケーションの力を伸ばすためには、やはりここからのスタートです。自分の今の状況も含めてまずは自分を好きになることです。受け入れることができれば、心が安らぎ、幸福感が高まります。自分の価値をもっと考えてみましょう。幸福度が高い人と話をしていると幸福感が伝わります。それは、幸福度がノンバーバルなところに出るからです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ483件、受講者は10,309名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™