静かで穏やかな時間をつくる

静寂は心の安息です。
それによって私たちは気を養い、新たな活力と強さを得ます。
~ジョセフ・マーフィー~

雑音が多いと、生物学的にもストレス反応がおこる

1日が始まりました。その時から私たちは多くの雑音を浴びた状態です。車の走る音、人々のおしゃべり、足音、自分の意思とは関係なく様々な雑音に満ちています。通常は気にならないかもしれません。しかし、過度の雑音が多いと、ストレス反応が起こります。ドイツで行われた閉鎖された空港と新設された空港の近くの生徒たちのストレスを調べた研究があります。閉鎖された空港の近くの学校の生徒と、新しく稼働している空港の近くの生徒えは、比べた時に稼働している空港の近くの生徒が、ストレスホルモンであるアドレナリンとコルチゾールのレベルが高いという結果がでています。

雑音を最小限にしてみよう

高校生が音楽を聴きながら勉強している姿をよくみかけます。好きな音楽でモチベーションがアップするからそうしているのだと思っておりました。しかし、高校生に聞いてみると、音楽を聴くことによって雑音を消しているというのです。ちょっと驚きました。交通量の多い職場もあるかと思いますが、窓を防音効果のあるものに変えることもできますが、カーテンをつけるだけでも少し防音効果があります。大な音に囲まれた職場では、耳栓やノイズキャンセラーのついたヘッドフォンを使っているところもあります。

自然豊かな静かな場所で過ごす

友人と賑やかなカフェで会うこともいいかもしれませんが、騒がしい場所ばかりでなく、たまにはもっとしずかな場所を選んでみてはいかがでしょうか。近くの公園や海岸で楽しい時間が過ごせるかもしれません。

静かな夜をすごす

日中は無理でも、夜は比較的自分の意思で静かな夜を過ごすことができます。静かさが人恋しくさせるのか、それを埋めるためにテレビゲームをし続けてしまうという人も多いのでは。静寂の中で時間を過ごすことは驚くほど効果があります。私も最近になって1週間に一度はろうそくの灯りをともしながら、それを見つめて集中することをしています、そうすることで今はカエルの声が聞こえたり、風の音を聞いたりすることで心が落ち着く時間となっています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ483件、受講者は10,309名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™