あなたの仕事は必ず誰かの役にたっている

ジョブ・アトラクション 税金 税理士
ジョブ・アトラクション 税金 税理士

TAパートナーズ 代表 相浦圭太先生

あなたの仕事は必ず誰かの役にたつ

今回のFMKITAQでは、TAパートナーズ代表の税理士相浦圭太先生にお越しいただきました。「仕事は誰かの役にたつ」この言葉が本当にわかるようになるには少し時間がかかるのかもしれません。

教員になりたかった高校3年生、大学生のアルバイトが大きな分岐点に。

教員という仕事にあこがれていた高校生のころ、お父様の話を聞いて税理士も人に教える仕事であることに気が付き、税理士への道を歩み始めたということでしたが、この後もいろいろな転機が。大学生のころ出会ったアルバイトから、障がい者の方との関わりがいつしか税理士への道を迷うほどに・・・しかし、ここでも税理士として障がい者の方々の役にたつことができるということを考え、現在も税理士としてお仕事をしていらっしゃいます。

障がい者の雇用

現在、TAパートナーズではフルタイムで働く障がい者の方がいらっしゃいます。インターンとしての受け入れだったようですが、仕事を細分化すると徐々にどんな仕事を彼に任せるのか、また彼がいなくてはできない仕事があること。このことを代表の相浦税理士だけではなく、事務所全員が共通で認識しているというのです。代表が意識して、それぞれが行っている仕事の大切さ、重要性を話していることが大きいのではないでしょか。それは、障がい者の雇用をすすめる企業だけではなく、どの企業にもあてはまることだと思われます。

あなたの仕事は誰かの役にたつ

一人できる仕事は限界があります。まして会社や組織で仕事をしていくなら、一人ひとりがとても重要なんです。相浦税理士も入職当初「なんでこんな仕事をしなくてはいけないんだろう」「もっと早くお客さんのところに提案にいきたい」と思うことが多々あったようです。
データーを入力する、資料を集める、事務所をきれいに清掃する、書類の分類わけする、同じ作業を繰り返す・・・こんなことに意味があるのだろうかと思ったり、こんなことをしていて自分は本当にいいのだろうかと成長を急ぎすぎることも時にはあります。
しかし、お客様に最終的に提供するものには、お客様からは直接見えないが積み重ねて入っている仕事があるのです。データーだったり、分類わけをした書類からいち早く過去の情報を引き出すことができたりと見えない仕事がつながっているのです。

「こんなことをするためにこの会社に入ったんじゃない!」そんなことを思った時に自分の仕事と自分の仕事が他の何に繋がっているのか考える時間をとってもいいかもしれませんね。

 

ジョブ・アトラクション 税金 税理士

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ410件、受講者は10,178名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(15校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™