アンガーマネジメントin北九州市立大学

アンガーマネジメント 北九州市立大学 経済学部 牛房先生
アンガーマネジメント 北九州市立大学 経済学部 牛房先生

アンガーマネジメントin北九州市立大学

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで始まったイライラ、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングおよび心理教育です。今回は大学2年生の授業の中で、自己管理能力の一つとしてアンガーマネジメントを体験してもらいました。

1か月にわたる感情日記の記録

大学生には、1か月にわたり感情日記をつけてもらっていました。自分自身が普段どんな感情を抱いているのか、毎日の中で意識化していないことを言語化して記録すると、感情の変化が一日の中でも、1か月の中でもたくさんあることに気が付き始めていました。

後悔しないためにも

最近の怒りの出来事をグループでシェアする段階になると、「友だちだから怒っていることを言わないほうがいいかな・・と一度は思ったけど、やっぱりここは言っておいたほうがいいかなと思い直してイラッとしたことを言った。」という声が聞こえてきました。あの時、自分がイラッとしたことを伝えておけばよかったと後悔しないために冷静に伝えられている学生もすでにいました。

アンガーマネジメント 大学生 授業 経済学部 心理トレーニング

アンガーマネジメントin北九州市立大学

アンガーマネジメントができるようになるとどんな人になる?

「自分のイライラを相手にぶつけない」「心が軽くなる」「怒らなくてはいけないことも素直に言える」など学生自身がアンガーマネジメントができるようになるとどんな人になるかというのも、一人ひとり想像してもらいました。寝る前にちょっと良かったことやハッピーだなと思っことを寝る前に眺めたり思い出したりして寝るという学生もいました。

アンガーマネジメントを友だちにもすすめたい

授業を受講している学生にアンケートを実施しています。全員がアンガーマネジメントを理解し、8割強の学生がまわりの友だちにもすすめたいと答えています。アンガーマネジメントは「技術」なので、練習すればだれにでもできるようになります。

北九州市立大学での取り組みは、北九州市の公立大学では初めてのことです。学生の感情日記はまだまだ続きます。今回の授業の様子は8月6日(日)の読売新聞福岡山口版の生活面に掲載されることになっております。記者の方も、担当教官の牛房義明准教授にもワークに入っていただき、アンガーマネジメントに取り組んでいただきました。またこの記事と同時に、日本アンガーマネジメント協会九州支部、山口、沖縄で一斉に行われる親子で学ぶアンガーマネジメント(8月11日各県実施)のことも掲載される予定です。
アンガマネジメント 大学生 授業 心理トレーニング

アンガーマネジメントin北九州市立大学

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ410件、受講者は10,178名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(15校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™