困り感と上手につきあいながら働く

かなえるけん勉強会

それぞれのペースですすめる学び

アンガーマネジメントのキッズ講座を行いました。
困り感を少し抱えている子どもたちたちが、じっくり考えながら自分の身体の変化について学びました。
怒っているときの手の様子だったり、弟がおこっている時のことを思い出したり、色を塗りながらちょっと友だちのとくらべてみたり。
日頃、学校生活の中では我慢することもあるようです。

チョコレートでトークゲームを

色とりどりのチョコを見えない袋に入れて、引いた色で最近怒ったことを話しをしてもらうと、登場するのは兄弟です。今回は兄弟での参加が多かったので、お互いに顔を見合わせて”ニヤッ”としているのですが、けんかしたことに対しては「言ってよかった」と話をしています。
今回は後ろで見学していた保護者の皆様にも、このワークに入っていただきました。子どもたちはお母さま方が話すのを聞いて笑っておりましたが、実はこんな機会は日常にはないのです。

子どもが困り感を抱えている。保護者もどうしたらいいのか悩む。

「ちょっと学校にきていただけますか。」と学校から電話があると、いったいなにがあったのだろう。保護者の方はとても心配します。私も学校で繰り返しおこる心配事があると家庭訪問をしてきました。友だちから「またお前がやったんだろう」「さっきも同じこといったじゃん」などと最初はちいさな出来事ではあるのだが、本人がどうしたらいいのか実は困っているのです。「あやまりなさい」「また同じことをやってしまったの」など親から責められても、じゃあどうしたらいいのか怒られながらその悩みから抜け出せない。本当に困っているのは本人だということに家族も気が付かないことも多いのです。

困り感を周りに伝える

実は、大人になって働くことになる時にも困り感をうまく伝えられると、周りの働く仲間がどうすればいいのかを一緒に考えてくれる職場があります。これは障があるなしに関わらずです。その企業が社会で何をするのか、世の中のどんなところを担っている会社なのか、団体なのかがわかっている事業所は、一人が抱える問題を会社全体で考え、業務の見直しができよりよい企業になることができます。一人では会社や団体は動かせません。

働くもの同士が仕事をわけられる

最近は、働く人の数がヘリ、人材不足になっています。一人がかかえる仕事がオーバーフローになってしまい、何かをするにも「もうこれ以上はできません。」だったり「仕事の効率をあげて残業をへらそう」というところも多いかと思います。仕事の経験が浅い人を育てるのではなく、できる人や残っている人がさらにパフォーマンスをあげ何とかこなしている状況です。そろそろひたすら自社の利益を追求することから離れてワークシェアや人を育てるための、実のある研修に力をいれないと採用も定着もできない会社ばかりになります。研修する時間やお金が無駄だと思っている企業は人が成長する機会や学びを与えられていません。そんな企業で「もっと頑張れ」「向上心をもて」といわれても本人はどう頑張っていいかわかりませんよね。

9月8日・10月14日のかなえるけん勉強会は一つの働き方を学べる時間でもあります

9月8日・10月14日2部に出演いただく方は、TAパートナーズが社員の働き方を上手に考えられるようになっているという点で、困り感に向き合いながらでも働ける企業になっているようです。代表のお話しを伺ったとき、代表がトップダウンで物事を決めたというより、同じ働く人々がどうしたら会社の中で皆が働きやすくなるのかを試行錯誤してきたということをお聞きしました。そしてそれぞれの役割をきちんと評価し、意識付けをしているのが代表の仕事です。ご本人も常に自分が今どんな状況なのか、しっかり周りのひとに伝えることができています。そこを上手に勇気づけたのも代表ではないでしょうか。

弊社には自分の特性に早く気が付くためのツールもあります

弊社には、高校生ぐらいから受けられる働くために自分の特性に気が付くためのツールがいくつかあります。困り感も、伸ばしたいところも
そんなところから早いうちに考えておくこともいいかもしれません。ご希望があればぜひ「早期に気が付くツールのことで聞きたい」とお問合せください。折り返しメールいたします。

(お問合せ)info@kanaeruken.com
お問合せタイトル:「早期に気が付くツールについて」

 

 

かなえるけん勉強会

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ410件、受講者は10,178名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(15校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™