リアルな仕事体験 『ジョブ・アトラクション』ホスト企業募集中!!

ホスト企業になるということ。

「見せる」が人を輝かせる。

これまで実施されたホストの方々

ジョブアトラクション【用語の整理】

ゲスト
ジョブ・アトラクションでは、体験に訪れる参加者のことを「ゲスト」と呼びます。

 

ホスト企業・ホスト
ジョブ・アトラクションでは、体験者を受入る企業のことを「ホスト企業」と呼びます。
そして、ゲストを実際に受け入れる担当者のことを「ホスト」と呼びます。
※個人事業主の場合はホスト企業=ホストとなります。またホストは原則1名を想定しています。

 

大人のための”リアルな”仕事体験を提供しませんか。

ジョブ・アトラクションは、テーマパークのアトラクションのように、ゲストが普段の生活では出会うことのない、様々な仕事に携わる人の職場(ホスト企業)に訪れ、その仕事の一部を体験し、そこで働く人(ホスト)の経験談や仕事へのこだわりなどを直接聞き、その人柄に触れる機会を提供する、大人のためのリアルな仕事体験サービスです。

「当たり前の仕事」こそ見せる価値がある。

ジョブ・アトラクションの最大の特徴は、そこで働く人に光を当てるというコンセプトです。
ホストが普段当たり前にしている仕事の一部分、またはある工程の一部を披露したり、ゲストに体験してもらったりします。
つまり、そのホストにしか説明できない自分のやり方やこだわりを、そのまま見せる事こそ、ゲストにとっては「仕組まれていないリアルさ」となって共感と感動を呼ぶのです。
 貴社の中に、本人は当たり前と思っていても、他者から見ると興味を引くような仕事をする人物が埋もれていませんか?
そんな当り前の仕事をしている人物との出会いこそ、これまでにない、「有料の体験サービス」という新たな価値の提供となると、私たちは考えています。
自分とは異なる環境で異なる仕事をしている”異職人”との出会いこそ、ゲストにとっての新鮮さと気づきとなるのです。
「人と出会い、人に学び、共に楽しむ。」 それが、ジョブ・アトラクションです。

『ジョブ・アトラクションがもたらす士気の向上』

離職率47%、新卒求人応募者0の3K職場を蘇らせた方法。

離職率47%、新卒求人応募者0、しかも3Kの職場。
そんな企業を、若者の応募が絶えない人気企業に激変させたのは、そこで働く社員に光を当てることでした。
普段当たり前にこなしている仕事ほど、知らない人にとっては学びの価値となると気づいた社長は、まず社員の子ども達を職場に招待します。
すると、社員は自分の仕事をわが子に知ってもらう事で、当たり前の中に真の魅力が隠れていることに気づき、プロ意識が蘇りました。
の後も、知りたい人と、気づきを得た社員の出会いを繰り返す中、人間が織りなす化学反応は思わぬ間接効果を生み出し、やがて若者の応募が絶えない人気企業に変わったのです。

職場を第三者に見せるという効果

この会社で起こった劇的な変化は、子どもたちという第三者に、社員の仕事ぶりを披露するところから始まっています。
それがなぜ、社風を変えるほどの変化をもたらしたのでしょうか?
それは、社員一人ひとりの「承認欲求」が満たされたことが挙げられます。
マズローが提唱した欲求の5段階説は有名ですが、その4段階である承認欲求を、わが子を通して感じることが出来たと推測できます。
また、それを機に家族だけでなく、地域の人たちも招いて仕事を分かってもらうことで、社員のモチベーションがさらに向上し、自分の仕事に自信と誇りを持ち続けることができたという訳です。

続けることから得られる学習効果

さらに、この職場ではその後も地域の方々に仕事を見てもらうことを続けています。
人を受け入れる社員には、実は承認欲求が満たされた以上の効果がありました。
それが「経験学習サイクル」です。
「経験から学ぶプロセス」を提唱した研究者コルブ(1984)は、知識付与型の学習やトレーニングと区別して、経験学習サイクルをモデル化しています。この理論によれば、経験からより深く学ぶには、「具体的な新たな経験」をした後に、それをじっくり振り返るプロセスと、その振り返りを次の経験に活かせるように「概念化」することが重要だと言っています。(概念化とは、何故そうなったか、どうすればよいか、などの考えを一般的な言葉で整理し表現することです)
そして、そこで得た新しい考えや方法に基づいて行動を起こせば、今までとは異なる具体的な経験を積むことになり、経験学習はより良い形で回っていくという訳です。
まさに、続けることが、社員のより良い成長につながったといえます。

自信を持つという喜び

職場の士気を高め社員一人ひとりが効率性の良いパフォーマンスを維持することは容易ではないことを、多くの経営者は知っています。
それ故に、社内イベントを企画したり、褒賞制度やブラシス制度を導入するなど、社員のモチベーション向上につながる様々な取組がなされています。
ジョブ・アトラクションもその一つと捉えて頂けたら幸いです。
しかし、他の取組みと大きく異なる点が「個人に光を当て、自信を持つ喜びをあじわう」というコンセプトです。
多くの取り組みが全社的に同じルールやプログラムに沿ってなされるのに対して、ジョブ・アトラクションはある一人の社員をホストと決め、その人独自の「魅せ方プログラム」を弊社が考案することから始まります。
ジョブ・アトラクションは、繰り返し実施することで、そのホストを確実に成長に導くという強みを持っています。
成長は自信となり、それをあじわうことでさらに自己肯定感も高まります。
さらに複数の社員がホストとなってジョブ・アトラクションを実施することで、自信を持ったホスト同志が相乗効果を生み、やがて全社的にそのモチベーションが波及するという訳です。
社会的学習理論で知られるバンデューラは、他の人の行動を観察し、意識的に模倣(モデリング)することによっても人は学習できると提唱しています。

ジョブ・アトラクション実施の様子「Unir Technica 株式会社」

 

Unir Technica 株式会社は、宮本社長率いる総合建設会社です。
店舗の改装や、マンション、さらには一般住宅の設計から建設施工まで幅広く受注できる技術者集団です。
ジョブ・アトラクションの提案をさせていただいた際に、「社員を輝かせたい」という宮本社長の意中には、以前から期待を寄せる野原さんの存在がありました。
彼は建築模型のスペシャリストでもあり、コンペの決めてとなる重要なプレゼンでもその模型の正確さや出来栄えの良さが際立っていたとのこと。宮本社長はその素晴らしさに気づいていましたが、当の本人は「当たり前の仕事の一部」でしかないという認識でした。

そこで、建築模型師のジョブ・アトラクションを提案し、実際にゲストに模型作りの一部を体験してもらうというプログラムを製作しました。
ジョブ・アトラクションがまだ全く世に知られていないにも関わらず、当日は3名の若者が参加してくれました。
ゲストは初めての経験にやや緊張していましたが、ホストの野原さんもしっかり事前準備をして頂き、徐々にエンジンがかかりはじめます。
最初はホストの経歴について、学生時代から今の建築関係の仕事に就いた経緯を詳しく紹介して頂き、続いてメインの模型作りとなりました。

ゲストの3名は、野原さんの説明を真剣に聞き、それぞれのペースで専用の道具を使って部屋を仕切る壁となるパーツを切り出して行きます。
見ているのとは違い、3ミリの発砲ボードをただ真っすぐに切るという単純作業に、思いのほか時間がかかります。
ホストの野原さんにとっては、ほんの0.1秒ほどの作業なので、まさに当たり前すぎて普段は意識もしない場面ですが、ゲストの一人は定規を当てるだけでも手間取ります。
そして、思わず「切るって難しいですね」という言葉漏れます。

体験が終了したら、ゲストの質問タイムに入りましたが、活発な質問が飛び交い、普段は決して聞く事のできない仕事の裏話や、業界のあるある話しなどが飛び出しました。
中には人生相談のような質問まで上がり、ホストとゲストの距離は随分縮まり、予定時間もややオーバーして終わりました。

後で、野原さんは「あんな単純な作業で良かったのか?」と振り返りますが、ゲストの感想は「未知の体験ができて楽しかった」や「模型の奥深さを知ることが出来て、改めてどんな仕事も誰かの役にたっていることを実感した」というものでした。
ゲストはそれぞれ物作りに関係する仕事に従事されており、この経験を自身の仕事に置き替えて捉えていた様です。
中でも、一人の若者は「野原さんのファンになりました。彼のようになりたいと思います!」という決意表明まで頂きました。
ちなみに、その若者は今、「地元を離れて厳しい会社でもまれて来ます!」と言い残し、東京の建設会社に就職しました。
野原さん自身も、自分のしている仕事を改めて見直すことで、自社の強みを再発見できたと、ジョブ・アトラクションを振り返っていただきました。
現在は、夏休み企画として親子で参加できるジョブ・アトラクションの企画を提案中です。

『ジョブ・アトラクションに期待できる5つの可能性』

ジョブ・アトラクションは、ゲストとホストの出会いを演習することで、互いに予想外の気づきを得たり、新鮮な情報交換を行うことができますが、ホスト企業に対しては具体的に5つのメリットをもたらすと考えています。
それは、ファン作り・宣伝広告・マーケティング・社員研修・採用募集です。
5つのメリットのいずれかが、ホスト企業の抱える問題解決のきっかけになることが期待できます。

1.コアなファンをつくる

ジョブ・アトラクションは、ホスト社員がゲストに生の声や姿を披露し「リアル感」を提供するサービスです。
ゲストは、実際の職場でホスト社員と出会い、その人柄に触れることでそのホスト社員のファンになることが期待できます。
ホスト社員の好印象が、やがて「〇〇さんがいる会社」という、ホスト企業の好印象に発展するという効果も期待できます。

2.口コミという宣伝広告

ファンの獲得は、ホスト企業の印象をより良くするだけでなく、「口コミ」という強力な宣伝効果を生み出すことが期待できます。
実際の職場でリアルな体験をしたゲストは、その体験が新鮮で強烈なほど、人に言いたくなります。
そして、口コミは次回のゲストを呼ぶきっかけとなり、また新たな出会いへとつながってゆくことが期待できます。

3.直接訊けるマーケティング

ジョブ・アトラクションに参加するゲストの多くは、好奇心が旺盛で行動的です。
したがって、もの事に対し多角的な視点から考えたり、観察したりする能力に長けている人が多いと推測できます。
そういったゲストとの関係を築くことこそ、ホスト企業にとっては顧客から直接意見を聞くことができ、新たな情報源の獲得にもなります。
ゲストの声を直に収集できる機会を得ることも、ジョブ・アトラクションに期待できでる要素です。

4.効果絶大の社員研修

ジョブ・アトラクションはある一人の社員(ホスト)を決め、その人独自の「魅せ方プログラム」をキャリアコンサルタントという国家資格をもった弊社スタッフをが考案することから始まります。
ホストは、自身のキャリアを振り返り、その仕事に就くことになった経緯から、これまで経験してきたことを分かりやすく整理して行く中で、改めて自分に向き合い、さらにジョブ・アトラクションのを実施することでゲストとの出会いの中で予想外の気づきを得ることが期待できます。
一人にフォーカスする社員研修という側面も、ジョブ・アトラクションの特徴の一つです。

5.新しい採用募集のかたち

就職や転職の際に、誰もが事前に確かめたいと思う事柄は「自分に向いているのか・自分にできる仕事か・安心できる会社か・馴染める職場か」の4つだと言われています。
どの要素も、文字情報や写真だけでは不安が残り、経験者に聞いたり実際にやってみる以外、確かめる方法はありません。
そこで、ジョブ・アトラクションの大きな可能性として、事前に確かめた後で応募を検討できるという、新しい採用募集のかたちを、弊社は提案しています。
この点に付きましては、弊社事業の一つ「ジョブ・マッチング」の中で詳しく説明いたします。
www.kanaeruken.com/taiken/

『ジョブ・アトラクションの最大の特徴”魅せ方プログラム”とは』

一般の人を社屋や工場などに招待する職場見学会や、学生の社会勉強の一環で行われるインターンシップと、ジョブ・アトラクションの一番違いは、ホスト一人ひとりの魅力を引き出す独自の「魅せ方プログラム」にあります。

ホスト自身の気づきを促すインタビューシート

国家資格を持つキャリアコンサルタントがホスト企業に出向き、事前に送っておいたインタビューシートを基にホストと対話しながら、仕事へのこだわりや関わり方、また今後の方向性などを掘り下げて行きます。
普段当たり前の様にしている仕事の中にこそ、そのホスト独自の魅力が隠れていることにまずは気づいてもらうための時間となります。

ホストの魅力を伝えるための体験内容を提案

BtoCとCtoCの違いや、フリーランスの方と社員の方、または物作りと販売ではその仕事の方向性もやり方も様々です。
しかし、ジョブ・アトラクションはホスト個人にフォーカスするため、仕事や職場に合わせたプログラムではなく、そのホストが普段している仕事の一部分、またはある工程の一部を披露したり、ゲストに体験してもらったりします。
それこそ、個人に光を当てるジョブ・アトラクションならではの特徴です。
つまり、そのホストにしか説明できない自分のやり方やこだわりを、そのまま見せる事こそ、ゲストにとっては「仕組まれていないリアルさ」となって共感と感動を呼ぶのです。

当たり前こそ価値を生む

多くの人は、自分が特別なことをしていると意識しないまま日々仕事に追われています。
しかし、その仕事をまったく知らない人にとっては、そんな当たり前こそ、新鮮で勉強になることを、実は気づいていないのです。
ジョブ・アトラクションの醍醐味は「飾らないリアルなホストとの出会い」です。
そこに行かなければ決して見る事も聞く事もできないレアな情報を提供することができるよう演出するのが「魅せ方プログラム」です。

初心者でも大丈夫

普段人前で話すのが苦手だという人でも大丈夫です。
「魅せ方プログラム」には、開始前からの段取りと、当日の順序や時間配分などを細かく記載した進行表が含まれています。
トークが苦手なホストには、ゲームやワークなどを多く取り入れた流れを作ったり、逆に話すのが得意なホストには、体験の時間を外さないよう、時間配分を考慮した流れを作って行きます。

目的意識の共有

「魅せ方プログラム」の作成に欠かせないのが、ホスト企業、およびホストの目的を明確に把握することです。
ジョブ・アトラクションは、ホストに光を当てると同時に、ホスト企業の抱える問題を解決するキーパーツになるよう組み立てます。
例えば、マーケッティングならプログラムの中にゲストへのインタビュータイムを入れたり、ワークショップ形式で意識調査を組み入れるなどの時間を組み立てます。
また、新たな顧客獲得を目的にするなら、ホストの魅力を最大限発揮するパフォーマンスの時間を多く取り、コアなファン作りや口コミ効果を目指すプログラムに仕上げます。

フィードバック

ジョブ・アトラクションは、開催ごとにホストとゲストの双方にインタビューを行います。
PDCAサイクルに沿ってブラッシュアップを繰り返えし、つねに新たな価値の創造に努めてゆくことで、より多くのゲストに学びと感動を提供してゆきます。

ホストの声

野原さん
自分の仕事を振り返り改めて他社との違いや強みが分かった。普段の仕事が当たり前過ぎて、他者にどう映るのかという視点がなかった分新鮮だった。
園田さん
新たな顧客に繋がり、自身の発想も豊かになりました。もの作りの楽しさや奥深さを体験してもらって良かったです。
井上さん
農業の新しい形を多くの人に広めたい。体験しなければ分からないことが沢山ある。

他にもこのような動機や感想をいただきました。

  • 地味で目立たない仕事だが、社員を輝かせたい。
  • 新しいゲストが店に来てくれるので直接PRできる。
  • 現在の仕事に新たな価値を加えたい。
  • ゲストとの交流に大変興味がある。
  • 仕事を知ってもらえるし、人前で話す勉強にもなる。

ジョブ・アトラクション導入のながれ

1・企業エントリー

  • 打合わせ日程を調整し、職場にて詳細の説明などを致します。
  • ホストの選出をお願いいたします。(原則1名です)
  • ホスト企業との目的の共有。
  • プログラム作成に必要なインタビューシートとプログラムフォーマットの説明。
  • ホストとの打ち合わせ日程を調整します。(当日でも可能です)

2・魅せ方プログラム作成

  • ホストの魅力を発揮するオリジナルプログラムを作成します。
  • インタビューシート・プログラムフォーマットを基に取材します。
  • 体験する仕事やその段取りなど、詳細を打合せします。
  • 必要な備品や準備物等の確認。
  • ゲストの参加費設定(税込8,640円を最低料金とします)

3・プログラム完成・契約

  • 魅せ方プログラムは、ホストとの最初の接触から2週間以内に作成します。
  • 実施回数は年間8回以上でお願いいたします。
  • 実施の日程については打合せにて決定します。(プレ開催については日程を調整します)
  • 業務委託契約書に双方署名し、その内容に従って契約を結びます。

4・ゲストの募集開始

  • 弊社ホームページ・Facebook・FMKITAQなど
  • 協働事業を展開している協力企業様の一般消費者コミュニティーへの情報提供。
  • プレ開催に向けて、ホスト経験者、モニターを募集。
  • 予約は実施日の7日前に締切。
  • 参加費は実施日の5日前までに弊社指定口座にお振込み頂きます。

5・プレ開催

  • 魅せ方プログラムの最終チェックとして実施します。
  • ホスト経験者、モニター、弊社担当者をゲストに、プレ開催します。
  • 本開催に向けたフィードバックと最終手直しなどを加えます。

6・第一回ジョブ・アトラクション実施

  • ゲストは現地集合・現地解散となります。
  • ゲストの参加料金は、事前に弊社指定の口座に振り込まれておりますので、当日現金を扱うことはありません。
  • 魅せ方プログラムに従って進行します。
  • ゲストへのアンケートを実施し、写真をメールで添付するか、FAXで送信していただきます。
  • 終了後3日以内にホストへのアンケートを、メールまたはFAXで送信していただきます。

2回目に向けたゲスト募集を開始

ジョブ・アトラクション実施に関する契約内容(料金・時間設定など)

基本条件 年8回以上の開催が見込める方
職場での開催が可能な方(働き方により異なるので相談します)
ゲストの参加費(基本料金)は8,640円(税込)とします
ゲストの受け入れ  1~10名程度(開催ごとに)※弊社スタッフは初回のみ同行します。
時間設定 基本コース 4~5時間 (ご希望により相談します)
プログラム製作費 ホスト1名を基本とし、1件につき 税込54,000円~
諸経費(実施月) 告知、集金、ゲストへのフォロー等の諸経費として 5,400円(税込)
ホストへの報酬 参加費合計から、振込手数料、保険料、消費税等を除いた額の50%
支払い日など プログラム製作費は、完成月の翌月1日にお支払いいただきます。
諸経費は実施当月の1日にお支払いただきます。
ホストへの報酬は毎月20日締切、当月25日にお支払いいたします。
 ホストの特典 他のジョブ・アトラクションに半額で参加いただけます。(月1回)
FMKITAQにて、ホスト企業の紹介、PRが出来ます。
放送日:毎月第2・第4水曜日13:00~14:00 Ustream,Youtube,Tuneinでお聞きいただけます。

ゲストの参加料設定について

  • ゲストが支払う参加料金は、基本料金とオプション料金を合わせ、ホストごとに設定します。
  • 基本料金は、一律8,640円(税込み)とし、1回のジョブ・アトラクションの時間を4~5時間とします。(リク保険料も含まれます)
  • オプション料金は、実際に備品や資材費がかかる場合にはその実費となります。または、ホストからとても貴重な体験や情報の提供が予定される場合は、その内容によってホストごとに設定します。
  • 参加料金は、事前に弊社の指定する口座に振り込んで頂きます。
  • ホストの特典として、ホストが他のジョブ・アトラクションに参加する場合は、基本料金を半額とします。
  • ゲストは希望によりファンクラブの会員に登録することで、参加料の500円引きで参加することができます。

ホストの収入(報酬)

  • 参加料金から、振り込み手数料、消費税、保険代を差し引いた額の半額を、ホスト報酬として弊社からホスト企業へお支払いいたします。
  • ホスト特典や、ファンクラブ特典の値引きに関しては、全て弊社の負担とします。
  • 成功報酬は、毎月20日締切、25日振り込み(25日が休日の場合は明けてのお振込み)となります。

魅せ方プログラム製作費

  • ホスト1名に対し、プログラム製作費として税込54,000円お支払いいただきます。
  • 基本的に直接の打合せ回数を2回以内とし、3回目以降となる場合や、打合せ時間が9時以前、または19時以降の開始の場合は時間外として割り増し料金が発生します。
  • プログラム完成月の翌月1日に、弊社指定の口座にお振込みとなります。(1日が休日の場合は明けてのお振込み)
  • 打合せの際に製作費の詳細はしっかり説明いたします。

実施手数料

  • ゲストの募集やアフターフォロー、または集金等の諸経費として、実施毎に5,400円(税込)の手数料をお支払いいただきます。
  • 開催月の1日に、弊社指定の口座にお振込みとなります。(1日が休日の場合は明けてのお振込み)

ホスト企業の収益について


上の表は、最低金額の設定でジョブ・アトラクションを実施した場合の、ホスト企業に対する収益分岐点と収益見込み額をまとめたものです。
これまでの説明の通り、ジョブ・アトラクションには多くのメリットが期待出来ますが、それにかかるコストの回収になるという点も、そのメリットの一つだとご理解いただければ幸いです。

【ホスト企業エントリーまたはお問い合わせ】
まずはお電話、またはメールにてご連絡下さい。

順次、ご説明にお伺い致します。
TEL: 093-777-8798
Mail: info@kanaeruken.com