6. もちよりカフェ

もちよりカフェに参加しませんか?

毎月 第3水曜日の19時~21時
(株)夢をかなえる研究所 にて開催しております。

もちよりカフェは、弊社の「誰もが共に語らい、共に学び、共に活動して、新たな価値を創造する『共創コミュニティ』を創成する。」というビジョンに基いた取組みの一つです。
皆様とって、新たな出会いや気づきを得る場になれば幸いです。

学生と社会人が、共にワークショップや心理ゲームなどを行い、食べたり飲んだりしながら、仕事・人生・未来・夢など、何でも自由に語り合う時間を楽しみましょう。

11月21日 「もちより鍋」開催時の様子

事前の連絡さえあれば、どなたでもご参加いただけます。

① 参加者からの紹介を受けた方、または弊社の求職登録者
② 飲食物等(お酒含む)は各自で持ち寄る。
③ FacebookまたはLINEのグループに入る。

もちよりカフェのオキテとは・・・
① 人の話を否定してはいけません。
② 個人情報を人に話してはいけません。
③ 楽しむ・笑う・感動する。
④ 写真をSNS等で拡散する。

参加ご希望の方は、メールまたはFacebookにてお知らせください。
毎月第3水曜日の19時スタートです。(当日でも受付ます)

題名に「〇月〇日 もちよりカフェ参加希望」と記載してください。

白石または高野とFacebookでつながっている方は、メッセンジャーでお知らせください。

※何か発信したい情報があれば、事前にお知らせください。時間を調整します。
※市民ボランティア活動「川崎先生とゆかいな仲間たち」に参加したい方もコチラにお越しいただければ、代表の川崎謙一郎先生と会うことができます。

次回のもちよりカフェは12月19日(水)です。今年最後のもちよりカフェは、ちょっと早めのクリスマス会を予定しております。(詳細は追って連絡いたします)
新しいメンバーが増えておりますので、名刺や告知もある方はご持参ください。

11月21日 もちよりカフェ通信

今回は、プレ忘年会と称して「もちより鍋」を開催しました!
3種類の出汁と白菜だけを弊社で用意し、あとは参加者の持ち寄った具材で鍋をするという、初の試みでしたが、皆さんとても気の利いた具材を持ち寄っていただき、家庭では決して真似できない超具沢山の鍋を堪能することができました。

また、今回も初の参加者が多く、学生と各分野の専門家が顔を合わせる場作りとなりました。

9月19日 もちよりカフェ通信

2ヶ月ぶりの開催!「季節はずれのそうめん大会」を実施しました。
今回は、初めて参加された方が4名いらっしゃいました(^▽^)/
もちよりカフェの輪がどんどん広がっています。

6月27日 もちよりカフェ通信

お好み焼きを食べながら、大学生がどうやって企業の情報を集めているのか、大学生にとって企業の魅力をどこに感じるのかなど。今回は大学生を中心に企業を観る視点について熱く語っていただきました。これから弊社のジョブ・アトラクションに参加し、自分たちの思っていることと、体験して感じた違いや発見をこれから参加企業にフィードバックしていこうと思います。

 

5月23日 もちよりカフェ通信

今回のカフェは、大学生をはじめ、大学・高校の先生、経営者、NPO法人の代表、公務員、歴史の先生など、バラエティー豊富な面々にお集りいただきました。

せっかくの機会なので、前半は全員参加のディスカッションを行いました。
お題は「企業が求める新社会人の能力」とは、具体的にどんな行動なのか?そして、その行動を強化するために必要なこととは何か?について活発な意見交換を行いました。

4つのグループに分かれて、コミュニケーション能力・協調性・主体性・チャレンジ精神の4つの能力をそれぞれが受け持ち、ブレインストーミング方式で様々な観点で意見を出し会い、その結果を2分程度で発表するという方法で行いました。

 

発表は、大学生ががぜん頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

4月25日 もちよりカフェ通信

今回のカフェでは、新大学生メンバー2名(下関より)と北九州工業高等専門学校より松尾先生、プロアスリートの永野ご夫妻が初参加となりました。皆、お仕事や学校が終わってからの

 

集まりです。春になったのに肌寒い日で、今回は豚汁のふるまいも行いました。

 

軽く自己紹介の後、それぞれがもちよった飲み物やお菓子などを食べながら、フリートークと告知が主な話題となりました。

ハンドサイクルという競技については、あまり耳にすることもなかったのですが、東京パラリンピックを目指す永野さんのお話しに皆くぎづけに。ハンドサイクルで日本一周をされた時の話から、彼のまわりの有名人のお話しなどびっくりすることばかり。パートナーの響子さんが開所している「えにしあ」も、健康づくりをする方々のお手伝い。介護保険では適用されない不便さを解消するようなサービスもある施設のようです。

なんと、この場で川崎先生とゆかいな仲間たちで放送しているラジオ番組の出演と弊社のFMKITAQのラジオ番組のアポ取りまで。

 

初参加の北九州工業高等専門学校の准教授松尾先生からは、6月2日~6月5日まで行われる未来の医療・介護を考えよう「医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンinROBOMECH2018の告知もありました。歴史の長い学会で今回30周年で北九州市で行われるということもあり、地元の高校生を集めての初めてのアイディアソンということや、市民向けの企画として数校の大学生による戯曲「R.U.R」を現代風にアレンジして上演することなどとても大きな学会のお話しが聞けました。

 

 

今回のもちよりカフェでは、あっという間の2時間でまだまだ話はつきないといったものとなりました。次回の開催はさらに新しいメンバーの参加表明をいただいております。

2月20日 もちよりカフェ通信

今回は、現役の学生が2名、就活中の若者1名、入社1年目の若者1名、高校教師1名、歴史家1名、ベテラン社会人3名の計9名で開催しました。

まずは、”笑顔測定”でテンションを上げていただこうと思いましたが、みなさん直ぐに高得点をマークされ、すでにハイテンション気味で始まりました。

 

今回のワークショップは「カードで適職診断」と題して、職業興味検査の簡易版を実施しました。

学生や就活中の方はもちろん、社会人経験の豊富な人も、仕事と興味の接点を探すことで、自分の仕事観や性格などを振り返るワークショップです。

弊社では、このカードソートを小学校から転職希望者まで幅広く活用しております。

続いては、フリートークの時間。

話題は、就活中の若者に、合同会社説明会に参加する場合の裏ワザや舞台裏の話、バブル期と今の就活の比較や、就職氷河期の話など、それぞれの経験を踏まえたお話を聞くことができました。

また、現役の学生からは経済学の面白さについて熱く語っていただくなど、実りの多い時間を過ごすことが出来ました。

 

次回は6月27日(水)19時スタートです。
今回は、お好み焼きを食べながら(作りながら)告知とフリータイム中心の会になります。