アンガーマネジメント企業研修

アンガーマネジメント,
アンガーマネジメント,

アンガーマネジメント研修

人の採用・定着には、今働いている社員のココロとカラダの危機管理ができているかがとても重要です。

上司と部下にはこんな差がある。部下のためと思って言った一言。
あなたの一言は部下にどんなふうに受け取られているのでしょうか。

仕事で怒られた部下が「パワハラだと思った」53.8%
仕事で怒った上司が「自分の怒り方はパワハラだったと思う」16.7%

叱る側、叱られる側では受け止め方が違うのです。

仕事で怒られた部下は「モチベーションが低下した」40.6%
仕事で怒られた部下は「相手を避けるようになった」25.5%
仕事で怒られた部下は「精神的に不安定になった」23.5%

怒った上司は「どのような状態にもならなかった」58.7%

2016年に日本アンガーマネジメント協会が行った「怒りの感情が業務に及ぼす影響」の調査からこのようなことがわかりました。

しかし、誰かを指導することなった人にとって「叱る」という場面は必ず必要になってきます。
その時のためにも日頃からアンガーマネジメントトレーニングをし、上手な伝え方を身に着ける必要があるのです。

「どうして決めた時間が守れないんだ。」
「いい加減やる気をだせよ。」
「挨拶ぐらいちゃんとしろ。」
「何度同じミスをしたら気が済むのか。」
「だめだしばっかじゃないですか。」
「無茶ぶりばっか。」
「今はそんな時代じゃないよ。」
「文句ばかりいわないで手伝ってくれ。」
「口ばっかり。」
「一度引き受けた仕事はちゃんとしようよ。」

こんな不平や不満がたまっている会社は、働く人が集まるどころか辞めていってしまいます。
新しく働く人がきても、和が保てていない職場で働き続けようと思うでしょうか。
和が保てていない職場は、働いている人の働く姿にきらりとしたものがありません。
そんな職場で新しく働きたいと思う人が訪ねてくるでしょうか。

アンガーマネジメントはトレーニングです。繰り返し練習を重ねることで身についていくものです。料理や自転車の練習のように練習を続ければできるようになります。貴社でも習慣化できるようにアンガーマネジメントのトレーニング研修を取り入れませんか。

 

研修の問い合わせはコチラ

お問合せ

 

アンガーマネジメント,

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を目指しています。おっとりしていますが、行動は早いです。 アンガーマネジメントコンサルタントでもあり、キャリアコンサルタントでもあります。あなたの一歩を踏み出す勇気を応援いたします。