2019 Wellbeing リレーブログ 7月号

「ドライブはイメージストックをつくるためのもの」

スポーツ選手が試合前にイメージバンクを使います。イメージバンクとは、その映像を頭の中に浮かべると「リラックス」できたり、「やる気」を引き起こしたりできるイメージのストックのことです。私はスポーツ選手ではありませんが、「リラックス」と「やる気」のイメージをストックするためにドライブは必須です。特に「リラックス」をストックするために一時期夜中にドライブをしていたこともあります。

辛い時には空をみあげてみよう

小学校の理科の授業の時に、星空の勉強がありました。その時に担任の先生がお話されたのです。「辛いときこそ上を向いてみよう」最初はこの意味がわからなかったのですが、それからちょっと嫌だなと感じた時には屋根にあがり星空を眺めていました。気持ちがクールダウンできるのと同時に不思議と穏やかな気持ちになっていきました。

大きな存在を感じる

広大な星空を眺めていると、なんだか自分は大きな宇宙の中ではほんの小さな存在で、個人の欲求についてうじうじ考えるより、もっと大きなことについて考えた方がいいのかもしれないと自分なりに感じていました。それから自然の大きな存在を感じるために、車を運転できるようになると、自分の目で自然という大きなイメージを自分の中にどんどんストックしていこうと思い始めたのです。

辛い時、イライラした時にとても有効

辛い時は、視線も下を向きがち。イライラした時は頭の中が真っ白になることも。そんな時はあおむけに寝て、イメージストックを頭に浮かべるようにしています。不思議なことに、体感して得られたイメージストックなので、頭に浮かべるとイメージを観た時の空気の温度感や周りの音や匂いまで思い出されます。(逆に懐かしい匂いを嗅ぐと昔のことを思い出すということも聞いたことがあります。)思い浮かべただけなのに、5感の感触を思い出すのです。皆様も、ドライブの機会があれば、そこでしか味わえない素敵な景色や体感をお持ち帰りしてはいかがでしょうか。

代表取締役 白石 裕子

趣味:ドライブ(趣味歴約32年)

精神的にも健康的にも社会的にも幸せであるために欠かせないのが、私にとってはドライブです。車の車種はあまり気にしたことはありません。日本でも、海外でもドライブを楽しんできましたがドライブにまつわるWellbeingについて皆様とお話しすることができれば楽しいなと思っております。ご当地グルメを教えていただければ嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ483件、受講者は10,309名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ24校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(18校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会,経営者団体の勉強会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™