2019 Wellbeing リレーブログ 1月号

「ありのままの自分と向き合う時間をつくる=自己肯定感をあげるためのリスペクトの時間」

私の趣味の中で一番比重が高いものがドライブです。仕事でも毎日車に乗っています。車種にこだわりがあるとかはありません。ただ単に車を運転することに意味があること、時間に拘束されずいつもとは違うところに自由に行けることにも魅力を感じています。これから4回にわけてドライブとWellbeingにまつわる私のブログが登場いたします。

1月の白石裕子の第1回目はドライブと自己肯定感をあげることについてです。

「ありのままの自分と向き合う時間をつくる=自己肯定感をあげるためのリスペクトの時間」

いつもありのままの自分を受け入れることができたらどんなに幸せだろうと幼いころから思っていました。“私が我慢すれば丸く収まる”の日々から解放されたいという一心です。典型的な自己肯定感の低い人間です。そんな私が少し大人になって運転免許をとり、最初は生活の一部として車を運転していたのですが、運転の経験を積むつれ、非日常的な場所、非日常的な空間に自由に行き来できることでありのままの自分を見つめることができるようになりました。自己肯定感をあげるには、自分をリスペクトできるようにすることです。リスペクトするというとナルシストと結びつけやすいですね。ナルシーになりなさいということではありません。自分のありのままを受け入れ自分を大切にすることです。いきなり、「自分のいいところを探そう」だったり「もっと自分のいいたいことをはっきり言おう」だったり、そんなことをつきつめるのは結構ハードルが高いと私は思っています。言葉を並べる、頭で考えるのではなく、ともかく体感しに行こうと思ったのです。私は普段は知らない人、一期一会を大切にしている人、一度もみたことがない仕事をしている人、そんないつもとは違う場所、環境で出会う人、その人が抱えている過去やいろいろな諸事情を知らない人に対して「すごいな。一生懸命生きているんだな。」と存在自体をリスペクトするようにしてきました。そうすると不思議なことに、いつもの空間にもどってくると「ああこの人もいろいろ事情があるんだろうな。でも一生懸命なんだな。」と思えるようになってきたのです。そうすると「自分もいろいろあったけど生きている。それでいいかな。」「まあいいか」という自分をありのままに受け入れることが少しずつできるようになってきたのです。こんな自分も大切に思えてくるのです。時間はかかりますが、そうするととても楽になってきて、幸せだと感じることや感謝の気持ちが日々増えてきます。他者の感情のコントロールをすることは、非常に難しく危険なことでもあります。でも自分を大切に思えるようになると、周りの人たちへの接し方も自然と変わり、おのずと周りも変化していきます。

「マインドフルネス」

趣味に没頭する、仕事に没頭する、没頭という言葉が適切な言葉ではありませんが、まさに私は車を運転している時は、運転に没頭しています。集中という言葉の方がいいのかもしれません。昨今、マインドフルネスが一般化してきました。宗教的だと言われたり、医学的にみても効果のあるものだと言われたり様々な考えや意見がありますが、集中できるということは幸せなことでもあります。私はマインドフルネスを専門に行っているわけではありませんが、少しだけこのことについて4月のリレーブログでお話しできればと思っております。

「ドライブはイメージストックをつくるためのもの」

スポーツ選手が試合前にイメージバンクを使います。イメージバンクとは、その映像を頭の中に浮かべると「リラックス」できたり、「やる気」を引き起こしたりできるイメージのストックのことです。私はスポーツ選手ではありませんが、「リラックス」と「やる気」のイメージをストックするためにドライブは必須です。特に「リラックス」をストックするために一時期夜中にドライブをしていたこともあります。イメージバンクのことについては、7月のリレーブログでご紹介いたします。

「あおり運転」

昨年、あおり運転のことがニュースを騒がせました。毎日の運転であおり運転を目にする、あおられた体験や摩訶不思議でもうここで人生は終わりなのだと思った瞬間のドライブにまつわる体験談を10月のリレーブログでお伝えいたします。

代表取締役 白石 裕子

趣味:ドライブ(趣味歴約32年)

精神的にも健康的にも社会的にも幸せであるために欠かせないのが、私にとってはドライブです。車の車種はあまり気にしたことはありません。日本でも、海外でもドライブを楽しんできましたがドライブにまつわるWellbeingについて皆様とお話しすることができれば楽しいなと思っております。ご当地グルメを教えていただければ嬉しいです。

1年かけて、役員一人ひとりの趣味と幸福にまつわるエピソードをリレー方式で掲載しています。

2019 Wellbeing リレーブログ 次回は、髙野です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

白石裕子

育った環境や性別や学歴に関係なく、誰もが社会参加できるような社会を創りあげたいと思い起業しました。今までは国内外の学校教育から民間企業と様々な職種を経験してきました。 職場の定着の大きな課題となる人間関係改善・パワーハラスメント対策として経営者・管理職向けにアンガーマネジメントという心理トレーニングを使った企業・教育機関向けのセミナーを実施しています。今までに携わった企業や団体や学校はのべ410件、受講者は10,178名を超えました。また、小学校から大学までキャリア教育の授業(社会人基礎力)の実施ものべ15校。個別の若者に対するキャリアコンサルティングも月に一度公共施設にて行っております。 ・キャリア教育授業 北九州市立小・中学校(15校)、福岡県遠賀町立中学校(1校)、福岡県春日市立小学校(1校)、福岡県立高等学校(2校)北九州市立大学、北九州工業高等専門学校 ・企業及び団体研修 北九州市市役所、北九州市教育委員会、北九州市関連外郭団体、厚生労働省雇用支援機構、北九州市社会福祉協議会、北九州市内企業、福岡市企業、私立高等学校看護教諭会 ・福岡県男女共同参画企業派遣講師 ・公益財団法人産業学術推進機構中小企業支援センター専門家 <資格> 国家資格 キャリアコンサルタント 認定キャリア教育コーディネーター 小学校教諭二種普通免許 幼稚園教諭二種普通免許 GCDF-Japanキャリアカウンセラー アンガーマネジメントコンサルタント™ アンガーマネジメントシニアファシリテーター™ アンガーマネジメントキッズインストラクター™ アンガーマネジメント叱り方インストラクター™ アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー™